* * * * * * INFOMATION * * * * * *

当事者研究Lab. 綾屋 熊谷

Designed by unamama

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレ・プレゼン

くましんさんは精密検査を大病院で受けた結果、
やっぱりただの「風邪」。
ただの風邪にしては
いいように弄ばれ、ヤラレまくっていると
お見受けするが・・・。

昨日からやっといつもの意気揚々とした感じ
(本人曰く「ふてぶてしさ」)
が戻ってきて、こちらもホッとしている。

私が作成したパワポアニメを見せたところ
思いのほかオオウケで
「わかりやすい」と言ってもらえた。
ふぅ。遊びではなく、
使えるものとして承認されたらしい(のかな?)。
これまたちょっとホッとした。

学会MLでは聴覚障害者用情報保障の話が
一段落つき、
続いて、パワポ作成時における
色盲者用色使いについての情報
がまわった。
初めての情報に「なるほど~。」と感心しながら
色使いを変更。


しかし、どうにもこの分量、
2時間講演コースなんですけど、
20分にどうやってまとめるのだろう。

今日は、たまたま久しぶりに
某大学バリアフリー支援室に遊びに行ったところ、
支援室スタッフとの間で

「どんな発表するの?」
「あ、まだ途中ですが聞いてもらえます?
 パワポ、ここにあるんですけど。」

という話になり、
スタッフとその場に居合わせた卒業生を相手に
プレ・(事前の)プレゼン(発表)を
急遽、行うことになった。

準備したとおりに話し始めたら
やっぱりペースが2時間コースになりかけて、
「こりゃダメだ。」
ということになり、

パワポスライドを抜粋参照しながら、
伝えたいことを対話で伝えるという方法に変更。
それをICレコーダーで録音していった。

「何も知らない人にきちんと話して伝えようとする」
というスタンスを取ったら、
見事にちゃんと無駄が省けて、
大事な部分が浮かび上がってきた。

3人の聴衆からは
「なるほど~!」「こりゃたいへんだね。」
「ここの話って、
 自分の場合にはこんな例に置き換えられるね。」
「ここはよくわかるわ。」
という反応や、

「これの言葉、どういう意味?」
「この流れだと不親切。わかりにくい。」

といった質問やアドバイスももらえて、
とても有意義だった。

録音したものを持ち帰ってテープ起こし。
「どうやって削ろうかと困っていたけれど、
 あっけないくらい、簡単にまとまったねぇ。」
と、くましんさん。

あきっぴぃさま、まみっぴぃさま、わっしーさま、
お忙しい中、貴重な時間をさいて
聞いて下さってありがとうございました。
とても助かりました。

社会学の上野千鶴子先生に、夏休み前、
「伝えたいことは、
 どんどん自分達で場を設けて、人に聞いてもらいなさい。
 聴衆は1人来てくれただけでも
 ありがたい大事なお客様だと思って話すのです。」
と言われたけれど、
本当にそうだな、と実感した。

締め切りまであとわずか。
残りは原稿のスリム化のためダイエット作業だ。
若輩者ではあるが、
貧相にやせるのではなく、
なんとか聴衆を引き込むような鋭さを残したいものだ・・・。


バナー3



スポンサーサイト

「読み上げ原稿」作成

相方のくましんさんが
病気の子供を相手にする ご職業柄、
風邪をもらって体調を崩し、
もう1週間以上、
38度以上の高熱が出たり引っ込んだりしながら
続いている。

しかも体調が悪いと持病の石が腎臓でできるらしく、
先日は痛みのあまり救急車で運ばれた。
どうにもお気の毒である。

しかし、原稿提出の期限がせまっている。
くましんさんは熱にうなされながら、
私はそれを介抱しながら、
パワーポイントでスライドを作ったり、
原稿を作成したりしている。

私はと言えば、ついうっかり
優先度の低いパワポのアニメ作成の面白さに
はまってしまうので要注意だ・・・。

ま、まにあうのか?!
ちょっと 火ぃ ついてきた。

------------------------------------

学会のMLでは
パソコンによる要約筆記通訳のために
事前に原稿(「読み上げ原稿」と称されていた)
を提出することについて

「なぜ必要なのか。」
「フルペーパー提出と何が違うのか。」
「どのくらい正確なものにすればいいのか。」
「発表時は原稿どおりに読まなくてはいけないのか。」

などなどの議論で盛り上がっている。


私はそれを読んで2つのことがわかった。

1.聴覚障害に対する情報保障の在り方について
  障害学会の中でもまだ浸透してないこと。

  学生時代にどっぷり情報保障の中で活動していたから
  当たり前だと思っていたけれど、
  障害学会といえども
  他の障害の世界にいる人は情報保障について
  よく知らないようだ。

  そういや私も視覚障害の情報保障には明るくない。


2.学会発表とは原稿をそのまま読むわけではないらしいこと。
 
  パワーポイントでスライドを作ったり、
  レジュメを用意したりはするものの、
  当日の発表は原稿無しで発表することが多いらしい。

  ・・・アドリブで話せない自分には考えられない。

-----------------------------------

「手話通訳やPC要約筆記通訳がどのように行われるのか」
また
「通訳の限界はどのあたりにあるのか」
を思い知らされてきた身としては、
原稿の事前提出の重要性は自明。

発表者に対して言えることはただひとつ。

「自分の発表内容を『全て』『正確に』
 伝えたかったら、
 本番に話すことを全部書いて、
 あらかじめ渡しておきましょう。」

それでもうまくいかないことだって
あるんだからねぇ・・・。

学会発表が決まりました

2007年9月16・17日に行われる
障害学会第4回大会(@京都:立命館大学)
にて、
一般報告をすることになりました。
内容はこちらですが、
今、読み返してみたら、
「こんなことを発表しよう」と
現在進行形で相談していることより
広い範囲の内容を書いて提出してしまっている気がする~。
これからよく詰めていかなくては。
→そうブログに書いている矢先に、
 「そこは大丈夫になる予定」というメールが
 くましんさんから入りました。

障害学会は「障害学」会だけあって、
手話通訳や点字テキストの準備をしたり、
「車椅子対応の宿」を大会HPに予め掲載したりと、
バリアフリー対応が充実しています。

そこで、私も手話で発表することにしました。
「手話なら声での発表よりもずっと負担が少ないかな」
と思ったからなんだけど、
ほんとうに大丈夫かなぁ・・・。
不安になってきた。

日常会話の手話しか経験がなく、
発表用のフォーマルな手話をしらないから、
事前に練習をしなくてはなりません。


でも正直なところ、私にとっては、
壇上の発表よりも
そのあとの懇親会のほうが、怖い。

「発表に対する忌憚のない反応を聞ける貴重な場で、
 かつ『営業』活動にもなる場だから」
ということで出席することにしたのだが、
社交を求められるシーンだと、
その時は普通のフリをして笑顔でなんとか取り繕えても、
一歩その場を離れた途端に
パニック発作が始まるのは必然。

その日の晩はフラッシュバック記憶で
寝かせてもらえそうにないね・・・ふぅ。
脱社交だと助かるんだけど、
なかなかそうも行かないんだろ~な~。

でも、普通の世界よりは
「障害」「学問」という
自分にとって2つのキーワードが
そろった場に出かけるわけだから、
己の身の丈にあったなんらかの収穫があることを
期待せずにはいられません。

さて、準備を続けなくては。

カラオケで手話歌

学生時代の居場所だった
関コン(関東聴覚障害学生懇談会)の
OGカラオケ大会に行ってきました。

私の代が最年少というメンバー構成だったので、
名前だけ聞いても
ピンとこない先輩方ばかりだったから
行く前はとても緊張していました。

が、
お会いしてみたら知っている顔ばかりで、
「あ~、この人が○○さんなのか。」
と、あだ名と本名と顔とエピソード(!)を
一致させていくことができました。

もひとつ、
お会いしてみたら
(というか、知らなかったのは私だけかもしれないが)
8人中、聴者は私だけ。
「聞こえない人のカラオケ大会ってどんな感じなんだろ~」
と興味津々で様子を眺めていました。

そしたら今回のメンバーは
ほとんど
「音程を気にせず、大声で歌ってストレス発散したい!」
タイプの方たちだったので
手話はなく、
みなさんノリノリで歌っていました。

結果、私だけが手話歌(しかも声なし)を2曲披露。

大橋ひろえさんのワークショップ仕込みってことで
歌う私も(たぶん、見ているほうも)安心(苦笑)。
けっこうウケてたみたいだったので
よかったよかった。

こういう集まりひとつ取っても、
自分の障害がわかるまでは振舞い方がわからず、
「聴者なのにお邪魔させてもらってもいいのかな。」
「聴者なのに手話歌なんておこがましいかな。」
「聴者なのに手話通訳はできないし、
 でもここに居心地のよさを感じる私って、何者なんだろう。」
と引け目に感じ、おどおどするばかりだったのが、

今では
「手話で話す自分」「手話で歌う自分」を
堂々と肯定できる。
「だって私の言葉だもん」って。

在りたい自分であることに、
他ならぬ自分がOKをだせるって、
こんなに自由なんだなあ。

ちなみに私は初パセラ(カラオケチェーン店名)、
&初「憧れのでっかいハニートースト
でした。

「これ、食べるの難しいねぇ。
 なんて言ったっけ、将棋くずし?みたいねぇ。」
と話しながら、崩壊させていきました。

トースト2 トースト1




新聞・雑誌
掲載新聞一覧

朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
週刊医学界新聞
日本教育新聞
熊本日日新聞ほか
多数新聞社
(共同通信)

【「リハビリの夜」
新聞掲載(2010年)】

★6/21 読売新聞
「本よみうり堂」コーナー

★3/14 読売新聞
「著者来店」コーナー

★3/7 毎日新聞
養老孟司氏による書評

他、東京新聞
北海道新聞
週刊医学界新聞
週刊読書人などで紹介

連載「気持ち悪い模様」
一覧(綾屋)


掲載雑誌一覧
メディア
ビー玉アイコン2
2014年~2015年
読売新聞書評コーナー
ビタミンブックにて
毎月連載中(熊谷)

ビー玉アイコン2
2014年11月
NHK Eテレ
「オイコノミア」
出演(熊谷)


ビー玉アイコン2
2014年2月
NHK Eテレ
障害者情報バラエティー
「バリバラ」出演(綾屋)

ビー玉アイコン2
2013年10月
NNNドキュメント放映
(制作=日本テレビ)
「見える障害のあなた
   見えない障害の私」
(綾屋・熊谷)

ビー玉アイコン2
2011年3月
オールニートニッポン
月乃光司さんの
ラジオ番組に出演
(綾屋)


ビー玉アイコン2
2011年1月
テレビ神奈川
佐藤しのぶさんの
テレビ番組に出演
(熊谷)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。