* * * * * * INFOMATION * * * * * *

当事者研究Lab. 綾屋 熊谷

Designed by unamama

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗不安薬や睡眠薬で急性薬物中毒、4割は医師の過剰処方(2015/6/10記事転載)

ayayasatsuki

抗不安薬や睡眠薬で急性薬物中毒、4割は医師の過剰処方
(読売新聞(ヨミドクター))
- Yahoo!ニュース http://t.co/3PjDjXjz5C
06-11 08:50


以下、yahooニュースを転載(読売新聞:読みドクター)

抗不安薬や睡眠薬を過剰服用して意識障害などが表れる
急性薬物中毒を起こした患者の約4割が、
添付文書で定められた規定量を超える処方をされていた
とする調査結果を、医療経済研究機構(東京)がまとめた。

同機構の研究グループは「処方のあり方を見直す必要がある」
としている。

研究グループは、健康保険組合の加入者172万人分の
診療報酬明細書のデータを分析。
2012年10月~13年11月の間に、
自殺などを目的に多量の抗不安薬や睡眠薬を服用し、
急性薬物中毒を起こした210人について、
その3か月前までさかのぼって薬の処方状況を調べた。
対象者は、うつ病や統合失調症など、
精神疾患の患者が多数を占めた。

添付文書で定められた規定量を超えて処方されていたのは82人で、
39%に上った。処方した医師は、精神科医が89%を占めた。

研究グループのメンバーで国立精神・神経医療研究センター
薬物依存研究部の松本俊彦部長は
「患者の求めに応じて医師が安易に処方してしまう傾向がみられる。
治療薬が多く患者の手元にあると、
乱用につながる恐れがあり命にかかわる。
こうしたリスクを考慮し、処方日数や量、種類は慎重に決めるべきだ」
と指摘している。
新聞・雑誌
掲載新聞一覧

朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
週刊医学界新聞
日本教育新聞
熊本日日新聞ほか
多数新聞社
(共同通信)

【「リハビリの夜」
新聞掲載(2010年)】

★6/21 読売新聞
「本よみうり堂」コーナー

★3/14 読売新聞
「著者来店」コーナー

★3/7 毎日新聞
養老孟司氏による書評

他、東京新聞
北海道新聞
週刊医学界新聞
週刊読書人などで紹介

連載「気持ち悪い模様」
一覧(綾屋)


掲載雑誌一覧
メディア
ビー玉アイコン2
2014年~2015年
読売新聞書評コーナー
ビタミンブックにて
毎月連載中(熊谷)

ビー玉アイコン2
2014年11月
NHK Eテレ
「オイコノミア」
出演(熊谷)


ビー玉アイコン2
2014年2月
NHK Eテレ
障害者情報バラエティー
「バリバラ」出演(綾屋)

ビー玉アイコン2
2013年10月
NNNドキュメント放映
(制作=日本テレビ)
「見える障害のあなた
   見えない障害の私」
(綾屋・熊谷)

ビー玉アイコン2
2011年3月
オールニートニッポン
月乃光司さんの
ラジオ番組に出演
(綾屋)


ビー玉アイコン2
2011年1月
テレビ神奈川
佐藤しのぶさんの
テレビ番組に出演
(熊谷)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。