* * * * * * INFOMATION * * * * * *

当事者研究Lab. 綾屋 熊谷

Designed by unamama

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コミュニケーション能力」は実在しない



「自由への問い 6労働」
責任編集:佐藤俊樹  岩波書店

を読んでいたら、

貴戸理恵氏の論文
「学校に行かない子ども・働かない若者には『社会性』がないのか」
234ページに
「発達障害当事者研究」が
とりあげられているのを発見。
ありがとうございます!

<235ページ引用>
「社会性」をはじめ「コミュニケーション能力」「対人能力」など、
本来二者以上の相互交渉の産物であるはずの「関係」を、
個人の「性質」や「能力」に還元してしまう言葉があふれている。
だがそうした個人への還元は相互交渉の失敗を
相手に一方的に帰責する点で、
「対等な交渉相手」として関係形成に臨むことからの逃避であり、
「社会」に居直る側のおごりではないだろうか。
<引用終わり>

ほんとにその通りだと思います。

貴戸さんの論文を踏まえつつ、
冒頭の佐藤俊樹氏×広田照幸氏の対談でも
コミュニケーション能力や社会性という尺度が
いかに恣意的で実在しないものであるかについて
議論しています。

いくつか引用します。

<17ページ>
佐藤:
日本型のメンバーシップでは、
働くことと具体的な内容が直接結びついていない。
だから、周囲の人とうまくやるとか円滑にこなすといったことが、
まっとうな働き方の大事な要素とされてしまう。

<18ページ>
佐藤:
実在しない点では幽霊や亡霊みたいなものですが、
実在しないからこそ、いったん「ある」ことになれば、
みんながその影におびえたり、
身につける努力をしなければならなくなる。

<19ページ>
広田:
「メリトクラシー」という言葉を使うと、
恣意的な評価や判断がまるごと正当化されてしまいかねない。

佐藤:
よけいなものは測らない。それがとても重要な点です。

佐藤:
社会学にとっても、この十数年でやった手痛い失敗の一つ

<20ページ>
佐藤:
新自由主義を批判してきた側も、同じロジックに乗って
踊っていたところがあるように思います。

<引用終わり>

スティグマとしての発達障害ブームという流れも
こういった文脈をふまえて
考えていきたいと思います。

テーマ : 働くということ - ジャンル : 就職・お仕事

新聞・雑誌
掲載新聞一覧

朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
週刊医学界新聞
日本教育新聞
熊本日日新聞ほか
多数新聞社
(共同通信)

【「リハビリの夜」
新聞掲載(2010年)】

★6/21 読売新聞
「本よみうり堂」コーナー

★3/14 読売新聞
「著者来店」コーナー

★3/7 毎日新聞
養老孟司氏による書評

他、東京新聞
北海道新聞
週刊医学界新聞
週刊読書人などで紹介

連載「気持ち悪い模様」
一覧(綾屋)


掲載雑誌一覧
メディア
ビー玉アイコン2
2014年~2015年
読売新聞書評コーナー
ビタミンブックにて
毎月連載中(熊谷)

ビー玉アイコン2
2014年11月
NHK Eテレ
「オイコノミア」
出演(熊谷)


ビー玉アイコン2
2014年2月
NHK Eテレ
障害者情報バラエティー
「バリバラ」出演(綾屋)

ビー玉アイコン2
2013年10月
NNNドキュメント放映
(制作=日本テレビ)
「見える障害のあなた
   見えない障害の私」
(綾屋・熊谷)

ビー玉アイコン2
2011年3月
オールニートニッポン
月乃光司さんの
ラジオ番組に出演
(綾屋)


ビー玉アイコン2
2011年1月
テレビ神奈川
佐藤しのぶさんの
テレビ番組に出演
(熊谷)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。