* * * * * * INFOMATION * * * * * *

当事者研究Lab. 綾屋 熊谷

Designed by unamama

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】2012/6/23 鷲田清一氏×熊谷晋一郎 対談:痛みの哲学(朝日カルチャーセンター:新宿)

【お知らせ】

2012年6月23日、
朝日カルチャーセンター新宿教室にて
熊谷が鷲田清一氏と対談致します。

シリーズ・痛みの哲学
  テーマ「痛みとケア」

日時:2012年6月23日(土)17:00-18:30

受講料(税込み)
 会員 3,360円  一般 3,990円

以下、朝日カルチャーセンター新宿教室 講座案内より
転載。(↑上記リンク先がお申込みページになります。)

---------------------------------------------
鷲田 清一(ワシダ キヨカズ)
1949年京都市生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。
関西大学教授、大阪大学大学院文学研究科教授、
同理事・副学長を経て、2007年8月大阪大学総長に就任。

主な著書に『モードの迷宮』
(中央公論社・ちくま学芸文庫、サントリー学芸賞受賞)、
『じぶん-この不思議な存在』(講談社現代新書)、
『「聴く」ことの力』(TBSブリタニカ、桑原武夫学芸賞受賞)、
『「待つ」ということ』(角川選書)、
『てつがくを着て、まちを歩こう―ファッション考現学』
(同朋社・ちくま学芸文庫)、
『死なないでいる理由』(小学館・角川文庫)、
『新編 普通をだれも教えてくれない』(ちくま学芸文庫)、
『臨床とことば』(河合隼雄氏との共著、朝日文庫)、
『わかりやすいはわかりにくい?-臨床哲学講座』(ちくま新書)
など多数。2004年紫綬褒章。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

痛みを持つひとに対して、傍らにいる人はどのようにあるべきか。
痛み「を」ケアしようとすることで、
さらに回復は遠のくことはないか。
痛みは、ケアされるべき対象というよりも、
むしろ、ケアそのものに伴うもの、
ケアが今まさに行われているという証ではないか。

痛み=ケアは、
それを取り除くための手当て(狭義のケア行為)
によって止むこともあれば、こじらせることもある。
むしろ、痛み=ケアそれ自体が「在る」ということを、
共有するだけで和らぐこともある。
そして、「在る」の共有を可能にするものとして
「ことば」があるのではないか。

痛み、ケア、そしてことば――。
今回は、痛む=ケアするひとのそばに赴き、
その人の痛みを生きつつ、ともに言葉を紡ぎながら考えていく
臨床哲学の提唱者である鷲田先生に、
「ことば」の力に何を賭けるのか、
についてお話をうかがいたい。(熊谷氏・記)
 
哲学、社会学、医学など多角的な論点から
「痛み」に迫る対談シリーズ。
「ままならない」身体との関わりのなかで
当事者研究を続ける熊谷氏が、
毎回さまざまなゲストを迎え、
境界を越えた対論を繰り広げます。
協力:青土社『現代思想』
新聞・雑誌
掲載新聞一覧

朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
週刊医学界新聞
日本教育新聞
熊本日日新聞ほか
多数新聞社
(共同通信)

【「リハビリの夜」
新聞掲載(2010年)】

★6/21 読売新聞
「本よみうり堂」コーナー

★3/14 読売新聞
「著者来店」コーナー

★3/7 毎日新聞
養老孟司氏による書評

他、東京新聞
北海道新聞
週刊医学界新聞
週刊読書人などで紹介

連載「気持ち悪い模様」
一覧(綾屋)


掲載雑誌一覧
メディア
ビー玉アイコン2
2014年~2015年
読売新聞書評コーナー
ビタミンブックにて
毎月連載中(熊谷)

ビー玉アイコン2
2014年11月
NHK Eテレ
「オイコノミア」
出演(熊谷)


ビー玉アイコン2
2014年2月
NHK Eテレ
障害者情報バラエティー
「バリバラ」出演(綾屋)

ビー玉アイコン2
2013年10月
NNNドキュメント放映
(制作=日本テレビ)
「見える障害のあなた
   見えない障害の私」
(綾屋・熊谷)

ビー玉アイコン2
2011年3月
オールニートニッポン
月乃光司さんの
ラジオ番組に出演
(綾屋)


ビー玉アイコン2
2011年1月
テレビ神奈川
佐藤しのぶさんの
テレビ番組に出演
(熊谷)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。