* * * * * * INFOMATION * * * * * *

当事者研究Lab. 綾屋 熊谷

Designed by unamama

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンタブでバリアフリー

最近、
「表現方法のバリエーションを増やしたいね」と話していて、
その中の一つにイラストがあった。

話をふったら、偶然、妹から借りることができたので
ペンタブレットを初インストール。
ペンタブレットとはマウスがペン型になったようなもので、
専用ボードの上でなぞるとそのままパソコンに反映されるものです。
最近の漫画家やイラストレーターは
紙にではなく、
ほとんどこれを使ってパソコンで描いているそうです。

さっそくペイントソフトで絵を描いてみると、
当然、マウスで描くよりも細かく描けるので自由度UP!

…のはずが、
子どもたちは楽しんでいるものの、
私は全然扱えない

「手先が新しいことを覚えるのに
 人よりもかなり時間がかかる自分」を
また突きつけられる。
あ~、伏見憲明氏の「どんくさい女ね!(キャムプ)」
という声がこだまする~。

(でも、
 たとえできるようになるまでには時間がかかっても
 一度入りさえすれば
 かなりの精密作業でも
 毎度ぴっちりおんなじに繰り返しまっせ!!)

一方、熊谷は
あっという間にペンタブと関係を取り結び、
「これ、ほんと紙の上で書いてるみたいに書けるね~」
と話しながら、
さらさらとイラストを一枚完成させた。

--------------------

不良2
タイトル:「不良」

作品解説:
熊谷はずきんと突然やってくる
排泄を促すコントロールできない腹痛に対して
ちょっと怯えて身構える気持ちがあることから、
その腹痛を
「地元のヤンキー」にたとえている。

 <使用例>
 腹痛が来たときに
 「あ、いまヤンキーが
  『よぉ、元気にしてるぅ?』
  って声かけてきた。」
 「セーフ。いなくなった。」
 と用いる。

ちなみに「ぼこぼこにやられる」と失禁。

そのおなかのヤンキーの狡猾さと、
対する熊谷のいらだちと怯えを
あますところなく具現化した。

--------------------

その後も熊谷がマウス代わりにペンタブを使い続けているので、
「そっちのほうがマウスよりラクなの?」
と尋ねると、
どうやらすごく気に入ったらしい。

ぺんたぶ

熊谷の身体は可動域が小さいので
一見、人よりもうまく動けないように見えるが、
実は可動域内は細分化されているため、
結果、
人よりもものすごく多彩に動ける領域がある。

情報を繊細に拾って表現するためのペンタブは
ちょうどその熊谷の繊細さを拾ってくれる
よいツールとなったようだ。

思わぬところにバリアフリーツール発見。
「これ、自分のパソコンにもつけようかな~」
と考え始めた熊谷でした。

テーマ : バリアフリー、ユニバーサルデザイン - ジャンル : 福祉・ボランティア

新聞・雑誌
掲載新聞一覧

朝日新聞
毎日新聞
読売新聞
週刊医学界新聞
日本教育新聞
熊本日日新聞ほか
多数新聞社
(共同通信)

【「リハビリの夜」
新聞掲載(2010年)】

★6/21 読売新聞
「本よみうり堂」コーナー

★3/14 読売新聞
「著者来店」コーナー

★3/7 毎日新聞
養老孟司氏による書評

他、東京新聞
北海道新聞
週刊医学界新聞
週刊読書人などで紹介

連載「気持ち悪い模様」
一覧(綾屋)


掲載雑誌一覧
メディア
ビー玉アイコン2
2014年~2015年
読売新聞書評コーナー
ビタミンブックにて
毎月連載中(熊谷)

ビー玉アイコン2
2014年11月
NHK Eテレ
「オイコノミア」
出演(熊谷)


ビー玉アイコン2
2014年2月
NHK Eテレ
障害者情報バラエティー
「バリバラ」出演(綾屋)

ビー玉アイコン2
2013年10月
NNNドキュメント放映
(制作=日本テレビ)
「見える障害のあなた
   見えない障害の私」
(綾屋・熊谷)

ビー玉アイコン2
2011年3月
オールニートニッポン
月乃光司さんの
ラジオ番組に出演
(綾屋)


ビー玉アイコン2
2011年1月
テレビ神奈川
佐藤しのぶさんの
テレビ番組に出演
(熊谷)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。